当院について 院内紹介 スタッフ紹介 つづき通信 スタッフブログ 交通案内
HOME > つづき通信 > 乳腺腫瘍

つづき通信
乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは正常ではない細胞が異常に増殖していく状態を指します。では、腫瘍ができた時の症状とはどんなものでしょうか?実は初期には乳腺にしこりができる以外ほとんど特徴的な症状がありません。時に乳汁を分泌したり、血様の分泌液がでたり、真っ赤に腫れあがったりというタイプのものもありますが、これはごく稀なのです。このため、乳腺腫瘍を早期に発見しよう、と思う場合には常日頃からの愛犬、愛猫とのスキンシップを心がけることが一番となります。週に1回程度、全身をくまなくマッサージしたり、撫でたりしてみると良いでしょう。

 一般に乳腺腫瘍の50%が良性で残り50%が悪性と言われています。また、50%の悪性乳腺腫瘍のうち、その半分は転移が激しいものと言われています。実際に愛犬にできたしこりが悪性か良性かを判断するにはしこりを手術で切除し、それを病理組織学的検査(細胞の種類を調べる検査です)に出し判断します。
また、雌犬の乳腺腫瘍の発生率は避妊する年齢と密接に関わっています。初回発情前に避妊手術を受けた犬では、その後の乳腺腫瘍の発生率が約0.5%で、初回発情と二回目の発情の間に避妊手術を受けた場合は約8%で、発情2回目と3回目の間に避妊手術を受けた場合は約26%となっています。

猫の乳腺腫瘍は約80%くらいが悪性の腫瘍です。悪性腫瘍ですから、乳腺腫瘍にかかったあとの長生きはあまり期待できないということです。しかし、小さいうちにみつけ手術をしその後の手当を行えば、それなりの寿命をまっとうすることができます。腫瘍の大きさが3cm以上のときは余命半年くらい、2〜3cmのときは2年、2cm未満であれば約3年という報告があります。ただし、肺に転移している場合は2ヶ月未満といわれています。


日頃からよく体を触ってあげることが早期発見につながります。ふつう、乳腺は左右5対です。乳首が10個出ています。乳腺は脇の下の方から5個の乳首をつなぎながら内股の方までのびています。乳首の周りを中心に皮膚をやさしく触ってみれば、しこりがあるかないかわかります。お産のすぐあとで乳腺が張っている場合は、しこりがあるように感じることがありますが、そういうときは動物病院でみてもらうか、乳腺の張りが無くなってから調べてみましょう。

もし愛犬・愛猫の子供を望まないのであれば、早期に避妊手術を受けることが乳腺腫瘍の予防となってきます。

腫瘍の治療には、まずは腫瘍組織を手術で切除することです。切除した組織を病理検査して、良性なのか悪性腫瘍なのか調べます。悪性腫瘍の場合には抗ガン剤などの化学療法を行う場合もあります。最近は腫瘍免疫療法が研究されています。

しこりの大きさや大きくなるスピード、形からでは良性か悪性か判断できません。しこりができて様子をみる事は転移の危険性があります。できれば小さくて取りやすいうちに切除手術を受けた方がいいと思います。

治療をスタートする前に飼い主さんや家族の方と獣医師の間で、合意したり決めておかなくてはいけないことが多々ありますので、分からないことはどんどんお聞きになってください。


<< つづき通信一覧に戻る






〒444-0111
愛知県額田郡幸田町高力
字神山308番地 (地図
TEL/FAX. (0564)63-5855



つづき動物病院 〒444-0111  愛知県額田郡幸田町高力字神山308番地
TEL/FAX (0564)63-5855
Copyright (C) Tsuzuki Animal Hospital. All Rightss Reserved.