当院について 院内紹介 スタッフ紹介 つづき通信 スタッフブログ 交通案内
HOME > つづき通信 > 熱中症

つづき通信
ワンちゃんは、もともと寒さに非常に強い動物です。温かな被毛に覆われているばかりでなく、余分な体温の低下を防ぐために、体表には汗腺がほとんどありません(肉球にのみ汗腺があります)。
体温の放散は、もっぱら、呼吸器による空気の出し入れに頼っているので、その分、暑さに対しては、人の想像をはるかに超えるほど弱いのです。

熱中症は、ワンちゃんを暑い日にエアコンをつけていない部屋や車内で長く留守番させたり、直射日光を長時間浴び続けたり、炎天下の中、照り返しの強い舗装路を散歩させることが原因で起こります。シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボクサーなどの鼻の短い短頭種の犬や、肥満(太り気味)のワンちゃんほど、暑さに弱く、熱中症になりやすい傾向があります。
ワンちゃんの体温を冷やしたいときは、水をかけるようにしましょう。扇風機やエアコンで室内の温度を下げるよりも、体温を効果的に冷やすことができます。
脱水症状を起こしたり、41度を超えるようになると危険ですが、まずは身体全体を冷やすことが大切です。39度までに体温を下げてください。ひどい熱中症で意識がない場合は、体温を下げながら、なるべく早く動物病院に連れて行き、診てもらいましょう。
熱中症の予防には、室内の換気や空調に注意することが大切です。初夏〜夏の時期にワンちゃんを留守番させる場合は、室内の風通しに気をつけ、できればクーラーをつけるなどして、室温が上昇しないように心がけましょう。
屋外飼育の場合、日陰で風通しの良いところにワンちゃんを繋いでおきましょう。ワンちゃんと車に乗るときは、興奮させないように気をつけ、エアコンをかけて涼しくしましょう。ワンちゃんを短時間でも車内に残さないようにしましょう。
特に短頭種犬(シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボクサーなど)などの場合は、日頃から肥満にならないように注意しましょう。



<< つづき通信一覧に戻る




〒444-0111
愛知県額田郡幸田町高力
字神山308番地 (地図
TEL/FAX. (0564)63-5855


つづき動物病院 〒444-0111  愛知県額田郡幸田町高力字神山308番地
TEL/FAX (0564)63-5855
Copyright (C) Tsuzuki Animal Hospital. All Rightss Reserved.